京じい雑記

人間中心の考え方

14.12.19 京じい雑記

 西本願寺の大谷光真前門主が、門主時代の2009年に出された『愚の力』(文春新書)の冒頭で、現代の危機の根底にあるものは、「人間中心の考え方」にあると指摘されているのを読んで、「なるほど」と納得した。人間の欲望には限りがなく、満腹してもなお食べようとし、何十、何百億円儲けて個人ではとうてい使い切れないのに、なお儲けようとする。危険極まりない原発をごり押しするのも、絶滅危惧種のマグロやウナギを平気で食べ尽くすのも、我が子を虐待死させるのも、すべて欲望のなせる業だ。
 人類は欲望があるから発展してきたのだという指摘があるが、人間の心は残念ながら、親鸞が生きた時代からさして進歩していないように思える。

PageTop
メールでお見積もり・お問い合わせはこちら
株式会社ワード【京都本社】
京都府 京都市中京区 六角室町東入骨屋町143 G&Gビル3F
TEL:075-222-1104 FAX:075-256-5516
株式会社ワード【東京事務所】
東京都 千代田区 神田小川町3-6-9 神田第2アメレックスビル 7F
TEL:03-5283-7120 FAX:03-3291-5630