京都・東京(千代田区・神保町)でウェブサイト制作もできる編集プロダクションをお探しなら株式会社ワードまで

メールでのお見積もり・ご問い合わせはクリック

編プロウェブ手帳

本日からGoogleがスマホ対応をより重視

15.04.21

【スマホ対応しているかを検索結果に反映】


2月には公式に発表されていたので、ご存知の方も多いかもしれませんが、本日4月21日よりGoogleがスマホ対応しているサイトを検索結果で評価するとしています。

検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

弊社のサイトもスマホ対応にしています。一部、ブログ部分がまだ未対応なのですが、ぼちぼちと対応を進めようと考えています。

ただ、編集プロダクションような「B to B」の会社でどこまでスマホ対応の必要性があるかは疑問な部分もあります。「企業の担当者が取引先の企業を探す場合はPCでご覧になられるケースが多いのでは?」という観点からです。

逆に「B to C」を事業としている企業にとっては、とても重要な変化です。消費者がプライベートで何かのサービス受ける場所を探すを場合、スマホでの検索が圧倒的に多いため、検索結果で表示順位が下がることはサイトへのアクセス数に影響する可能性が高いためです。

【小手先にとらわれるよりも、本質に目を向ける】


今回の変更に限らず、Googleの"アルゴリズム"はたびたび更新されるため、ウェブをビジネスの主軸とされている企業にとっては、やっかいな面もあるのですが、個人的には検索結果に固執しすぎてGoogleに振り回されすぎるのはあまり良くないと考えています。

重要なのはGoogleが考えている本質の部分を理解しておくことだと思います。

Googleが考えているのは「ユーザーが求めている情報に対して、良質のコンテンツを含んだページを検索結果として提供する」というシンプルなことです。

今回のスマホの件についても、「スマホを使うユーザーが増えてきたから、スマホ対応しているページのほうがユーザーが読みやすいやん!」という意図からの更新でしょう。

そこを理解しておけば、なぜ

  • ●コピペしたテキストはダメなのか
  • ●情報量が少ないコンテンツはダメなのか
  • ●意図的に設置した外部リンクはダメなのか
  • ●構造をわかりやすく制作しておく方が良いのか
  • ●etc.

も納得がいくのではないでしょうか。

Googleのアルゴリズムは「そのページに良質なコンテンツが含まれているかどうか」をより正確に判断するよう進化しています。つまりは、より小手先では通用しなくなってきています。

これは特別なことではなく、「人が求める情報をわかりやすく発信する」というのはウェブサイト本来の"あり方"ですから、ウェブサイト運用する側も一度あらためてそこに立ち戻る必要があるのではないかと思います。

弊社では長年の編集プロダクションの経験値を活かして、ウェブコンテンツ制作のご相談を承っております。コチラよりお気軽にご相談下さい。