京都・東京(千代田区・神保町)でウェブサイト制作もできる編集プロダクションをお探しなら株式会社ワードまで

メールでのお見積もり・ご問い合わせはクリック

京じい雑記

ゴダールの映画

15.01.30 京じい雑記

日経の夕刊にジャン=リュック・ゴダール監督の映画が紹介されていた。「さらば、愛の言葉よ」というタイトルで、ゴダール監督初の3D映画だそうだ。ゴダールといえば、1960年代にフランソワ・トリュフォやロジェ・バデムらと並ぶフランス映画のヌーベルバーグ時代の気鋭の監督で、若いときに「勝手にしやがれ」「東風」など何本か観たことがある。そのゴダールも今年85歳になるという。★印が5つついており、今年有数の傑作と太鼓判が押してあった。その才能は80歳を超しても衰えないところがすごい。京都で上映されるのであれば、久しぶりに観に出かけようかと思う。