京都・東京(千代田区・神保町)でウェブサイト制作もできる編集プロダクションをお探しなら株式会社ワードまで

メールでのお見積もり・ご問い合わせはクリック

京じい雑記

【書評】とまどいの本能寺の変

14.12.01 京じい雑記

書籍タイトル:とまどい本能寺の変





歴史上最大のミステリーとされる本能寺の変。変後430年余りが経つが、黒幕説、怨恨説、野望説、偶発説など諸説あり、真相はよくわからない。本書は、信長の三男信孝、家臣の堀久太郎、滝川一益など、本能寺の変に戸惑う周辺の人物を描いた秀作だが、なぜ光秀は信長を弑逆したか、謎解きもしている。その意外な結論は本書を読んでのお楽しみ。