京都・東京(千代田区・神保町)でウェブサイト制作もできる編集プロダクションをお探しなら株式会社ワードまで

メールでのお見積もり・ご問い合わせはクリック

STAFF BLOG

町家えほんで新しい発見を。

14.10.29 スタッフ:STAFF BLOG

machiya_header.jpg

町家えほん (たのしいちしきえほん)』(PHP研究所)
山口珠暎・絵 松井薫監修

町家えほん (たのしいちしきえほん)』のデザインと少し編集にたずさわらせていただくことができ、「京町家」ってこんなふうになっていたんだ、と新しい発見がたくさんありましたのでお知らせです!

machiya_ehon1.jpg
京都に住んでいても、町家ってどんな建物だろう? お商売によって格子が違うとか、奥に細長いとか......、一般的に知られていることくらいしか知らず、「せっかく京都に住んでいるのに」と感じることがしばしばありました。街の中で町家を見かけても、普通の住宅の場合、中に入ることはできないし、お店などは改装してあるところも多く、本来の姿に出合える機会はなかなかありません。

絵本の中では、「カフェ桜」を営む、かわいい福ねこさんとお豆さんが町家を詳しく案内してくれます。

「ようおこしやす」

machiya_ehon2.jpg

machiya_ehon3.jpg

のれんをくぐると、そこには知らなかった町家が広がります。「みせの間」「だいどこ」「はしりにわ」「前裁(せんざい)」こうなっていたのかと興味津々で中へ進むと、とても高い天窓から光が差し込み......。町家の中の空気が感じられ、どこからかカフェの人気メニュー「福豆カリー」のいい香りがただよいます。

建物がしっかりと描き込まれているので、本当に町家を訪れている気持ちになります。

巻末には「町家ものしり手帖」がついていて、町家の暮らしをもっと詳しく知ることができます。これを読めば誰でも町家博士になれるかも!?

みなさんもカフェ桜にいらっしゃいませんか?

京都にお住まいの方も、京都へ旅行にお越しの方も、子どもも大人も楽しめる一冊です。


町家えほん (たのしいちしきえほん)